ニオイがつかない ムシューダ

空気をかえよう エステー

クリーニングカバー収納はSTOPクリーニングカバー収納はSTOP

※ポリ包装のカバーを指します。

クリーニングカバー(ポリ包装)が「虫食い」や「カビ」や「変色」の原因に!クリーニングカバー(ポリ包装)が「虫食い」や「カビ」や「変色」の原因に!

クリーニング店から返却される際、コートやジャケットにかかっているクリーニングカバー(ポリ包装)は、返却時に汚れが付かないよう保護するためのもの。長期保管のためのものではないので、通気性などは考えられていません。
そのため、クリーニングカバー(ポリ包装)をかけたまま衣類をクローゼットに収納してしまうと、空気や燃焼ガスがこもって「虫食い」や「カビ」や「変色」の原因となってしまいます。クリーニング後は、クリーニングカバー(ポリ包装)を外してから収納しましょう。

全国クリーニング生活 衛生同業組合連合会 事務局長 半田 裕施さん全国クリーニング生活 衛生同業組合連合会 事務局長 半田 裕施さん

全国クリーニング生活
衛生同業組合連合会

事務局長
半田 裕施 さん

クリーニング後の衣類収納について
教えていただきました

クリーニングから戻ってきた衣類は、なるべく空気が通る状態で収納した方が良いので、クリーニングカバー(ポリ包装)は外すことを推奨しています。不織布のカバーに掛け替えれば空気を通しながらホコリも防げますし、「ムシューダ」の防虫カバーなら虫食いからも大切な衣類を守ることができますよ。

防虫カバーを選ぶ上で大切なのは「長さ」ですね。裾がカバーからはみ出ていたりすると、蛍光灯や⽇光の紫外線で日焼けして、そこだけ色が変わってしまうんです。ジャケットはジャケット用、コートはコート用の防虫カバーを使うことは非常に重要ですね。
近頃は衣替えをせずに、シーズン中の衣類とシーズンオフの衣類を同じクローゼットに収納する方が増えています。着用した衣類と、きれいな状態の衣類を分けて収納するという点でも防虫カバーは効果的です。

また、シーズン前に衣類を洗う“着る前洗い”も増えていますが、大切な衣類を長く着るためには、シーズン終わりに汚れを落としてから収納する“しまい洗い”が重要です。シーズンが終わったらクリーニングに出し、クリーニング後はクリーニングカバー(ポリ包装)を外して、ムシューダ防虫カバーをかけることを習慣にしていただきたいです。

ムシューダ防虫カバーを使用する特長ムシューダ防虫カバーを使用する特長

大切な衣類を約1年間守ります。防虫/ホコリ防止/防カビ/色あせ防止大切な衣類を1年間守ります!大切な衣類を約1年間守ります。防虫/ホコリ防止/防カビ/色あせ防止

クリーニングカバー(ポリ包装)と ムシューダ防虫カバーでこんなに違う!クリーニングカバー(ポリ包装)と ムシューダ防虫カバーでこんなに違う!

1.防虫効果試験1.防虫効果試験
2.色あせ防止効果試験2.色あせ防止効果試験

「ムシューダ防虫カバー」がリニューアル!「ムシューダ防虫カバー」がリニューアル!

「ムシューダ」の新たな取り組み「ムシューダ」の新たな取り組み

クリーニング店から
「ムシューダ防虫カバー」で返ってくる!

正しく衣類を守ってもらいたいという想いから全国のクリーニング店に向けて「クリーニング専用 ムシューダ防虫カバー」の販売を開始。取扱店の利用者はクリーニング返却時に「ムシューダ防虫カバー」がついた状態で受け取ることができます。

「クリーニング専用 ムシューダ防虫カバー」の特長「クリーニング専用 ムシューダ防虫カバー」の特長
pagetop